あなたの彼女は何歳?年齢別生理の特徴まとめ

年齢で違う生理の特徴

女性の生理は、実は年齢によってある程度の特徴で分けることができます。

もちろんそれぞれの女性でそれぞれの生理がある為に安易に当てはめて考えるのは危険ですが、もしかしたら知っておくことで男性の愛する女性の不安を少し解消してあげられるかも知れません。

女性に生理が初めて訪れる初潮から、生理のおしまいである閉経まで、年代別にその特徴を見ていきましょう(初潮と閉経については別記事もご参照下さい)

ざっくりでも知っておければ確かに役立つ機会はありそうだね。ところでゲッコちゃんって何歳?

20代後半っていう設定はどう?

せ……設定?

なぜ年齢で生理に差が出るのか?

そもそもなぜ年齢で生理に差が出てしまうのかというと、

原因は女性ホルモンの分泌量にあります。

卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンとが主に女性ホルモンと呼ばれる二大ホルモンなのですが、このうちのエストロゲンが年齢での生理差に大きく関係しています

女性ホルモンの作用というのは未だ完全には解明されておらず、作用の範囲は多岐に及びます。

身体全体を作るのにも必要ですし、心のバランスを整えるのにも重要、かつ妊娠する為にも必要ですから、女性はこのエストロゲンとはほぼ一生仲良くやっていかねばならないのです。

(エストロゲン、プロゲステロンについては生理の仕組み記事もご覧ください)

そしてこのエストロゲンは、年代によって分泌される量が変わるので、それに合わせて生理の安定度や重さが異なってくるというわけ。

美容のこと調べててもよく出てくるからね、エストロゲンは

プロゲステロンに比べると、エストロゲンの方が良いイメージだよね

どっちも大切なホルモンなんだけど、どうしても生理前のつらさの要因になるプロゲステロンはイメージ悪くなっちゃうのは仕方ないかも

10代の生理は不安定

10代は、初潮を迎える平均年齢が12歳であることからもわかるように、生理が始まる年代です。

生理に限らず何事も、見ず知らずのものへの初挑戦は何かとトラブルが起きたり失敗しやすかったりするものです。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が始まるのが10代突入直前と言われており、エストロゲンが分泌され始めることで女性の身体には変化が起き、さらに最初の生理への準備もされていきます。

そして初潮が訪れるのですが、やはり最初の生理ですし慣れるまでには時間がかかります。

その為10代の生理の大きな特徴は、不安定、の一言に尽きるでしょう。

生理周期が定まらなかったり、生理ごとに重さが全然違ったり、また激しい痛みを伴ったりと、とにかく生理が荒ぶる事が多くなりがちなようです。

あまりにも長く痛みが続く場合など、これは流石におかしい、と思うような場合には婦人科に行きましょう。

ただ多くの場合、病気などが原因でなく、次第に安定するようになるとのこと。

そういえば私もかなり不安定だったな。周期なんてめちゃくちゃだったし

思春期の不安定さにも大きく関係してそうだよね

20代は安定してくる時期

そんな激動の10代を過ぎると、次第に女性の身体もうまく女性ホルモンを分泌するようになっていきます。

逆に、安定してくるハズの20代で何らかの生理のトラブルがある場合、病気の可能性も疑った方が良いでしょう。

兆候別生理に関わる病気の記事もご参照下さい。

生理の安定度は人生への慣れとも完全にリンクしますよね。

大人の階段上っていよいよ社会人。さぁ私の人生始まるわよん! というタイミングで生理も徐々に安定してくるわけです。

ちなみに女性の美しさという点でも、20代から30代にかけてがエストロゲン分泌の最も多くなる時期ですので、磨きがかかります。

幼かった少女が大人びた女性へと変貌を遂げ、その美しさも極まっていくのが30代にかけて……と考えると非常に納得です。

エストロゲンはとかく女性にとって大切なホルモンなんですね。

とは言ってもやっぱり若い方が良い。肌だけタイムスリップしたい

ゲッコちゃん年齢バレちゃうよ

30代では妊娠を意識して

20代同様、30代も女性ホルモンや生理は安定。

エストロゲンの分泌量もピークを迎え、女性の美しさもマックスビューティー。

しかし、30代後半になってくるにつれてついに頂点を超えたエストロゲン分泌量が減少に転じるので注意が必要です。

ここで覚えておきたいのが、医学的には25歳から34歳ぐらいまでの年齢が出産に適しているとされています。

もちろん34歳を過ぎてしまってから妊娠・出産する女性も沢山いますが、男性の中にはそういった例だけの知識で

「何歳になっても頑張れば産めるんでしょ?」

なんて思っている方が多いと聞きます。

あくまでも女性を思い、計画的に子供を作るには、34歳ぐらいまでが適しているのだということは覚えておきましょう。

私の周りにもいたんだよねぇそういう男が。
女なんて70ぐらいまでは余裕で産めるんでしょ? ヘーキヘーキ、とか言ってるやつが

それはまたなかなかの無知ですな

40代ではまた不安定になる

40代では、30代でピークを迎えたエストロゲンの分泌も、閉経に向けて徐々に減少を始めます

すると何が起きてくるかというと、また10代の時のように生理が不安定になってきます。

周期が乱れたり、出血量も変化してしまったり。

そして30代までは安定的に分泌されていたエストロゲンが減ることで、精神的にも不安定になりやすくなり、更年期障害が起こり始めることもあります(更年期とは閉経の前後5年間を指し、その期間にはホルモン減少による様々な症状が起こります)。

また、早い方では40代で閉経する可能性もあります(もっと早い場合、30代後半でも閉経することもある)。

更年期かぁ。そう遠くない未来に私にも必ずやってくるのね。

ゲッコちゃん30代だなたぶん

50代で生理との戦いが終わる

生理を戦いと表現することが正しいかどうかはわかりませんが、多くの女性にとっては永らく苦楽を共にしてきた現象であり、わずらわしく感じることもきっとあったであろう生理です。

それが、50代で多くの方は終わります(平均で50歳)。

生理がなくなることが悲しいのか、嬉しいのかは少し初潮と閉経の記事にも書きましたので省きますが、引き続き閉経前後の更年期における更年期障害は気をつけねばなりません。

10代で生理が始まった時と同様、生理が終わる50代前後もやはり「終わるのも初めて」ですから、身体もちょっと安定しなくなっちゃうんですね。

そして、さらに年齢を重ねていくにつれ、次第にエストロゲンの分泌量は減り続け、最終的には分泌されなくなります

エストロゲンは生理と共にあるんですね。

エストロゲンは無限に分泌されるわけじゃないのか

ゲッコちゃん無駄遣いしないようにね

おめぇそれ世界中の女の前で言えよな
ボッコボコにされっから

まとめ

こうして年代毎に追っていくと、女性にとって本当にエストロゲンが大切で、エストロゲンが全てを動かしているぐらいに思えてきます

これを読んでいただいた男性は、ぜひご自身の恋人や奥さんがどういった時期にいるのかをざっくりとでも考えてみてください

ただ、「20代だけど全然安定なんてしてねぇよ!」みたいな意見もあるかと思います。

あくまでも「おおまかに年代別で見た場合の特徴」ですので、そこもご理解下さい。

そして、どの年代であれ、症状が重すぎる場合などは安定不安定とか関係なく病気の可能性もありますから、とにかくおかしいなと感じたら婦人科へ

エストロゲンがいずれは分泌されなくなるってことを知っただけでもよかったかも

人生も美しさも儚いものだね。だからより輝く!

とりあえずうるせーよ