生理中なぜ女性は下痢になりやすいのか?

生理中の下痢

前回、生理前の時おならが出やすくなり、臭くなるという記事を書きました。

それは主に生理サイクルが黄体期に突入することで、女性ホルモンの一つプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増え、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を抑え、水分を妊娠に備えて蓄えようとするためにうんちが出にくくなり、便秘になりやすい⇒結果としておならが臭くなりやすい、ということでしたね。

しかし一方で、生理になると下痢になってしまう、という女性も多いようです。

今回は、男性もパートナーを助ける上できっと役に立つ、生理中と下痢のお話

万年下痢してる僕はどうなるんですかねぇ?

どうせただの暴飲暴食でしょ

下痢になりやすいタイミングがある

実は前回の生理とおならの記事と、今回の下痢になりやすい件とでは非常に深い関係があります。

生理の仕組みの中で書いた生理のサイクルに今回も当てはめてみましょう。

卵胞期⇒排卵期⇒黄体期⇒月経期

でしたね。

便秘になりがちで、おならもくさくなりやすかったのが、プロゲステロンの分泌量の増えだす黄体期(いわゆる生理前)から。

反対に、下痢になりやすいのは、生理前を過ぎて生理が来始めてから。

そう、

下痢になりやすい時期というのは生理中

です

生理前は便秘で生理始まったら下痢とか地獄かよ

生理中下痢になりやすい理由は?

では一体なぜ生理中になると下痢しやすいのでしょうか?

生理前にはプロゲステロンの影響で便秘気味になる腸内。

しかし生理が始まると、今度は子宮内膜を経血と一緒に体外へ排出しなければなりません

その為に、今度はプロスタグランジンというホルモンが刺激を与えて、子宮の収縮を促し、さらに腸の運動も活発にさせます

便秘がちでうんちの溜まっている腸内を、今度は一気に出させようと急転換しちゃうんですね。

その為に、痛みを伴う下痢になりやすいのです。

また、下痢になりやすいかどうか、また痛みを伴いやすいかどうかは、このプロスタグランジンの分泌量にも左右されます。

うーん、子宮内膜を排出するために必要なホルモンとはいえ、何かとトラブルメーカー感あるよねプロスタグランジンは

かといって分泌されなくても困るわけでしょ?
何事もバランスだよなぁ

下痢になりにくくする対処法は?

このプロスタグランジンは、身体が冷えて血流が悪くなると

「お、こりゃまずい。排出の為にもっと出さなきゃ!」

と、分泌量が増えてしまい、余計に下痢や痛みを強くさせてしまいます。

冷え対策としてなるべく腹部を冷やさないようにしたり、冷えに効く温かい飲み物を飲んだり適度な運動をすることも良い効果があるそうです。

生理中に関わらず、冷えはとにかく女性の難敵ですね。

他にも、女性ホルモンのバランスを整えるサプリ、または漢方薬を飲むという方法も効果的です。

ただ、男性も覚えておいてほしいのが、あまりにも下痢が続く場合や、それに伴う痛みがひどすぎる際には何らかの病気にかかっている可能性もあるので医師へ相談するのがベストです。

兆候別生理に関わる病気の項もご参照下さい。

まとめ

生理の時、下痢になりやすい理由のまとめです。

生理サイクルの中でも、生理中に特に下痢になりやすい。

生理前は子宮や腸の運動が抑えられるが、生理中になると反対に子宮の収縮運動も腸の蠕動運動もプロスタグランジンの作用で活発になる為、痛みを伴う下痢や腹痛が起きやすい。

下痢や痛みはプロスタグランジンの分泌量に比例する。

プロスタグランジンの分泌量を抑えるには、とにかく冷やさないことが大事。

また、普段下痢になりやすい女性はそれが生理に関係するものなのかわからないケースもあると思います。

内科に行くべきか婦人科に行くべきか迷うこともあると思いますが、どちらに行ってもしっかりと原因は教えてくれますし、行くべき科も案内してくれるはずなので、まず医師に診てもらうことを優先し内科でも婦人科でもOKだと思います。

恥ずかしがらず、どういうタイミングで下痢しやすいかはちゃんと伝えた方がいいね

お医者さんは慣れてるし、恥ずかしがって言わなかったりするだけで遠回りになっちゃったりするからね