PMS(月経前症候群)はいつからいつまで? 男と女それぞれの苦悩

なんだか突然パートナーが怒りっぽくなった。

普段言われないような細かな事を注意されるようになった。

この人誰、レベルで最近性格が変わってしまった。

――PMS(月経前症候群)は、様々な変化を女性にもたらします

恐らく男性にとって一番女性の生理を察知しやすく、また女性のPMSの状態次第では最も怖ろしい期間であるかも知れません。

この記事では今までざっくり説明してきた生理という現象の中から、このPMSに絞って深く勉強してみたいと思います。

ゲッコちゃんはいつだってイライラしてるけどね

その理由がそういう言い方にあるってまだわかんないのね

PMSの起こる期間は?

女性が言うところの「生理前」が、イコールでPMS(月経前症候群)の期間であると考えて間違いないようです。

生理が来る3日から10日前に始まり、生理が来ると基本的には症状は軽くなるか、なくなるようです。その時期は、男でもわかる生理の仕組みの記事の、生理は繰り返す、に書いた「黄体期」にほぼ重なります。子宮が卵子を作り、子供を作る為の部屋でスタンバイしている状態です。

新たな生命を宿す為に身体の全力を傾ける為に、体調不良が起きやすいのかも知れませんね。

ただし何度も書いているように大きく個人差があり、尋常じゃなく症状が重い女性、またはほとんど何も起こらない女性というのもいます。ただ8割の女性はPMSにより何らかの症状が出るようです。

主な症状は、イライラしやすくなる、すぐ怒るようになる、やる気が出ない、集中できない、感情の起伏が激しくなる、などの精神的な症状

加えて、むくみ、肌荒れ、便秘、下痢、とんでもなく眠い、ほてりや冷え、などの身体的な症状

精神的な症状と身体的な症状が合わせて生理前に襲ってくるわけです。もちろん書いた内容以外にもたくさんの起こりうる症状があります。こんなのって想像できますか?

男でもわかる生理の仕組みの記事でも書いたように、PMSが治まっても生理痛や生理中の体調不良が起きてくるので、女性が本当に元気ハツラツと行動できる日というのは想像以上に少ないのかも知れません

このあたりの事が、やはり男である僕、そして男性の皆様にとってはどうしても理解が難しい点ですよね。

体験できればわかるかも知れないのにねぇ。あ、やっぱり体験したくはないけど

僕なんかはよくお腹を下すのですが、それが数日間、それも決まった周期で定期的に、と考えるとちょっとゲンナリしてしまいます。

幽霊やUFOが、見たことがないから信じたくても信じられない。信じていたとしても、心の奥底では疑ってしまう。見たことがないから。――その感覚と少し似ているような気もします。どんなに理解した気になっても、結局は男性からしたら「――というようなことなのかな?」とならざるを得ないのです。

なぜイライラや体調不良が起こるのか?

ではなぜイライラしちゃうのか、体調不良が起こるのか?

それらの原因は、ホルモンバランスの変化によるものだとされています(されています、と書いたのは、明確な原因というのは今なお未解明なのだとか。人体どんだけムズイのよ、っていう)。

そのホルモンバランスの変化に大きく影響を与えるのが女性ホルモンと呼ばれる、エストロゲンとプロゲステロンの二つ。男でもわかる生理の仕組みの記事でも触れましたが、女性にまるわる生理を起こすホルモンです。

エストロゲンとはバストアップの際にも活躍すると言われている卵胞ホルモンです。女性だけに備わっているものではなく、男性でも女性に比べて割合はかなり少ないのですが作られています。

このエストロゲンが多く分泌されている期間というのは、女性の体は比較的穏やかな状態でいられます

排卵期にかけて最も分泌量が多くなり(つまりPMSが起き始める前の期間)、黄体期(いわゆる生理前、PMSが起きやすい期間)の終わりから生理が起きるまで、分泌量は下がっていきます。

一方のプロゲステロンは、出産、妊娠などに働きかける黄体ホルモンで、非常に重要なホルモンではあるのですが、これの分泌量が増えてくると基礎体温が上がり、程度の差はありますがPMSが起きたりするのです(この基礎体温が上がる、という作用を利用して、生理前の時期を体温計で測って予測する方法があります)。

じゃあそのプロゲステロンとやらが悪いのでは?

と安直に捉えてはいけません。前述の通り、プロゲステロンは妊娠をする為に欠かせないホルモンであり、黄体期にエストロゲンとプロゲステロンのバランスが大きく変化することにより、女性の身体が不調になったりしてしまうのです。

バランスが変わることで体に負担が掛かってしまう、体が子供を迎え入れる為の準備に全力を注ぐので子宮以外の体が少し疲れてしまう、そのようなイメージでしょうか?

男女問わず、また、身体のことだけに限らず、多くのものごとでバランスというのはとても重要ですもんね。

職場の人間関係でさえ、少しバランスが崩れただけで一気に険悪になったりしてしまうこと、あるでしょう?

僕とゲッコちゃんはいつも仲良いから例外だね

いやあんた逆にすげぇと思う。勘違いの天才

生理前恐怖体験から学ぶこと

では次に、生理前のPMSによってどれほど女性が豹変してしまうのか、僕の体験談も織り交ぜて紹介したいと思います。

言葉尻でめっちゃキレられる

まさに最近僕に起きたことですが、○○ってあるじゃん? という言葉の、「じゃん?」がどうやらPMSでイライラする妻の逆鱗に触れたようで、とんでもなくキレられました。

「ジャンってなんだよさっきからヨォ! 知ってるの前提みてぇに言うんじゃねぇよオラ! 中華の調味料かよ!」

これは一例にすぎません。男性で心当たりありまくる方いると思います。もうこればかりは、運ですね。

今回の僕の場合は「じゃん?」でしたが、何でもキレられる可能性あると思います。

間違っても逆ギレしちゃダメです。火に油、黄体期にプロゲステロンってなもんです。受け入れて、謝りましょう。パートナーは悪くない。ホルモンバランスが悪い。

些細なミスですごく怒られる

生理前、僕はよく洗濯物の干し方、畳み方で怒られます。

普段から指摘されることではあるのですが、やはり生理前のイライラ中はその指摘がもう罵りに近いですね。

「何回言っても覚えねぇよナァてめぇはヨォォォッ!」

謝ってください。神妙に、あっしが悪ぅござんした、を貫いて下さい

逆ギレしちゃダメです。焼石に水、墓石に小便みたいなもんです。

これも当然氷山の一角です。あらゆるミスは爆発を引き起こす可能性を秘めています。彼女は悪くない。ホルモンバランスが悪いのです。

Nintendo switchとゼルダが再封印された日

僕ゲームが大好きでして、switchを買ったのです、どうしてもゼルダがやりたくて。

しかしある日、PMSでいつも以上にイライラする妻と、口論してしまいました。

さっきから書いてますよね。逆ギレしちゃ絶対ダメ、と

でもしちゃったんですよ。その時は。

その結果、僕のスマホに仕事中一枚の画像が送られて来まして、開くとなんと、水に沈められたswitchとコントローラーの画像が。

ワイルドな妻がブレスオブザワイルドを葬った瞬間。

リンクはまた長い眠りについたのです。次回作出るまで、待っててね。きっとまたswitch買いなおすからね。安心してください、めっちゃやり込んだ後だったので……。

もちろんこの事件では諸々話し合いましたが、何度も言うように、妻は悪くないのです。ホルモンバランスが悪いのです

あるある過ぎてこわいですぅ

PMSの期間中、男性にできること

心構え

僕のように、PMSで悲しい想いをすることもあるかと思います。

しかし忘れちゃいけないのが、女性は僕ら以上にその期間苦しい思いをしています。PMS(月経前症候群)という名の通り、いくつもの症状が重なって起こる、症候「群」なのですから。

そしてすごく大事な事を書きますが、僕らの対応次第ではその症状は悪化もするし、軽減もできるということ。

精神的な症状も多いので、僕ら男性がストレスを与えれば与えるほど、そりゃ悪化しますし、しっかり症状を理解した上でケア、サポートしてあげればストレスも減り、改善だってできるわけです

それは日常生活での人への気遣いと同じです。その気遣いを、いつもよりちょっとちゃんとしてあげればよいのです。

食べ物や飲み物でサポート

食べ物でサポートしてあげることもできるでしょう。

PMS軽減に効果があるのが、ビタミン・ミネラル・マグネシウム・カルシウムなど

逆にあまりよくないとされているのが、カフェインと甘いもの

具体的には、コーヒーやカフェインの入った飲み物を避け、極力お菓子なども避け、野菜や果物、ナッツ、納豆や豆乳、豆腐などの大豆系の物が効果的。

また、お米を筆頭に、炭水化物も血糖値が急激に上がってしまうため食べないか、控えめに取るのが良いようです。

ただ、押しつけがましくなっちゃダメです僕は最初、生理前で苦しんでいるからと力んで妻の嫌いな食べ物まで食べさせようとして、すごく険悪になったことがあります。

何か作ってあげる場合でも、ちゃんと確認取ってからにしましょう。

男性にとって、最も察知しやすく最も巻き込まれて苦労する事も多いのが生理前の女性のイライラです。 僕も妻の生理前のイライラには...

個人差があるということは絶対に忘れずに

何よりも重要なのは、個人差があるので、PMSの症状について詳しくパートナーから聞けるのが当然ベストです。

そうすればあなたのパートナーに合った対処法を考えることができます。

しかしそういった話ができない、してくれないケースも多々あるでしょう。

そんな時は、とにかくパートナーの意見を尊重してあげてください

時には「一人にしてほしい」と言われてしまうことだってあるでしょう

その際に意固地になって、「なんでだよ! そばにいたいんだ!」なんてクソ寒い事言っちゃダメです。

症状の一つに、一人でいたい気分になる、というものがあるのです。

わかったよ、と少しお散歩しにでも行って、一人の時間を作ってあげましょう。

本気で一人になりたいのに理解されない時、結構あるんだよなぁ

生理は繰り返し訪れます。最初からパートナーに合った対処法ができる神イケメンになれるわけはないのです。時間がかかってでもいいので、ゆっくりとパートナーの生理と生理前のPMSを理解していけばいいのです。

まとめ

少しでも、生理前のイライラの原因がわかっていただけたのであれば幸いです。

まとめますと、

・生理が来る3日~10日前の黄体期にPMSは起きやすい。

・ホルモンバランスの変化により、身体的不調、精神的不調の両方が起こる可能性がある。本当にツライ時期。個人差大。

・イライラ期間にはあらゆる些細な事で怒らせてしまう可能性があるが、決して言い返してはいけない。何が何でも、言い返してはいけない。

・食べ物、気遣いなどで症状は悪化もすれば軽減もされる。可能であればよく話し合い、あなたのパートナーに合った対処法を模索するべし。

最もつらいのは女性です。しかし同時に、男性にも大なり小なり影響が出ます。

時には僕のように口論になってしまいswitchを葬られるようなことにもなるでしょう。

ただ、それを抜けて生理が来て、生理も過ぎ去ればまた元気な彼女に戻ります

繰り返しになりますが、ここで書かれていることのほとんどは一般的な情報であり、あなたとあなたのパートナーに当てはまるかはわかりません

やはり一番重要なのは、あなたとあなたのパートナー間での話し合い、理解なのだと思います

最後にもう一度だけ、まだ理解していない男性の為に声を大にして伝えておきます。パートナーがPMSかな? と思ったら、

言い返しちゃダメ! ほんとに! 切実に!