【秘奥義】生理前の彼女・妻のイライラで喧嘩した時に女性の怒りを鎮める必殺技【伝授】

喧嘩を止める秘奥義を伝授

これを読んでるという事は、どうやら怒らせてしまったようですね。

彼女ですか? 奥さんでしょうか?

禁句を言ってしまったのかも知れませんね。

ついうっかりが命取り。 生理中で苦しむ女性、または生理前でイライラしている女性は、とかく些細な男性の言葉でブチギレやすいもの...

あるいは、女性が生理前でPMS(月経前症候群)かも知れないとわかっていながら、ガマンできずに反論してしまったのでしょうか?

生理前イライラしている女性には反論は絶対にしてはいけないこと

しかし時に女性の怒りはとても理不尽にも感じられる為、ついつい反論したくもなります。

僕の妻もトンデモ理論でいきなり怒り出すことが多々あった為、よくわかります。

そこで今回は、もう女性を怒らせてしまった場合に使える、我が家秘伝の怒りを鎮める必殺技を2つ、皆さんに伝授したいと思います。

あまりにも効果的であるため、死の間際にでも巻物に書き記して後世に残そうと考えていましたが、そんなケチな考えはやめよう、と思い立ったのでここに書き記したいと思います。

すごく簡単な技なので、ぜひ使ってみてください。

喰らえ必殺! 「最強パンチ」!

必殺技イメージ
↑イメージです。最強パンチではないです。

最初にご紹介するのは、「最強パンチ」です。

まずお伝えしておきますが、この「アンパンチ」級の子供みたいな技名は当然妻が付けたものですので僕を責めないで下さい。

しかし、効果は絶大ですので名前に騙されないように。

ちょっとシチュエーションを想定しましょう。

――

生理前でイライラする彼女。

男性の洗濯物の畳み方が気に食わなかったらしく、突然怒り出しました。

「ねぇ、なんでこんな簡単なこともちゃんとできないわけ?」

グッとガマンする男性。

生理前だからな。PMSかも知れないし。ここはガマンガマン。

しかし彼女の罵声はどんどん飛んできます。

「私は結婚までちゃんと考えてるんだよ? これぐらいの事が出来ないとかマジムリなんだけど。ちゃんとやってくれる? ねぇ、聞いてる?」

はぁやだやだ。書いてるだけでこちらもイライラしてくるような彼女の罵声。

流石に男性にもガマンの限界があります。

今です。

今こそ放ちましょう。

最強パンチを!

「最強パンチ」の出し方

1.まず、この技の素晴らしいところは、男性の女性への怒りをしっかりと発散できる点です。

顔は怒りまくってて構いません。むしろ、男性の怒気が顔に出ていれば出ているほど、効果的になります。

2.怒った顔が出来たら、後は技を繰り出すだけ。

難しいことは何一つなく、両手と片足を同時に前に突き出しましょう。

ポイントは、もちろん絶対に女性に当ててはいけないということ。

その場でやればよいです。

3.ついでに、ちゃんと声も忘れずに。

例えば上述の喧嘩内容の場合は、

「そこまで言わなくていいだろうがよォ!」

などでしょうか。

それを、怒った顔と、両手片足を前に同時に突き出すのとセットで。

それだけです。

――さて。

いまいちピンと来ていない方もいるかと思うので、試しに一度やってみてください。

怒った顔で、言い返しながら、両手と片足を前に突き出す。

いかがでしょう?

やってみるとわかるのですが、顔は怒っていて言葉も怒っていて攻撃的な事をしているように見えて、

めちゃくちゃダサくて笑えるのです。

我が家のケンカを何度も止めてきた「最強パンチ」。

この最強パンチの効果を一言で言うのなら、

怒りをそのまま笑いに変換する必殺技

なのです。

尚、女性側もマスターしておくともっと面白いです。

お互い言いたいことを言い合いながら、エアー殴り合いが出来て、かつ笑えるので喧嘩もピタっと止まります。

止まらない場合は、きっと本気度が足りないだけです。

精進してください。

余談ですが、なぜ「最強パンチ」という名前なのか妻に聞いたところ、

「両手でパンチするのに加えて足まで使うんだからもう最強じゃんか」

とのこと。

喰らえ秘奥義!「奥義」!

奥義イメージ
↑イメージです。こんなのできませんので。

いやちょっと待って妻よなんというわかりにくいネーミング。誤字脱字を疑われるレベル。

しかし仕方ありません。我が家ではそれは「奥義(おうぎ)」という呼び名ですので。

こちらの「奥義」は、足だけで出来るので「最強パンチ」よりも簡単です。

効果は「最強パンチ」と全く同じで、

怒りながら真剣にやればやるほど滑稽で笑える、怒気を笑いに変える奥義

です。

「奥義」の繰り出し方

1.顔をしっかり作ります。

喧嘩をしているわけですから、怒っていて全然OK。

特にこの「奥義」は、様々に展開させることが出来る技なのですが、顔をこわばらせているほど威力が上昇します。

2.顔が出来たら、繰り出します。

「最強パンチ」と同様、セリフを付けても構いません。

「いい加減にしろよ!」

とでも言いながら、片足をヒザを曲げないように注意しながら斜めに突き出します。

蹴りですね、要は。

コツは、とにかくヒザを曲げないこと

3.更にこの技を派手に繰り出したいのであれば、片足のエアー蹴りを繰り出したらすぐにその場で一回転し、回し蹴り。これもヒザは曲げないように。

さらにもう一度一回転、もう一度一回転、と繰り返してもOK。

やればやるほど気持ち悪くてダサイので威力が増します。

「奥義」を連発した後、フィニッシュに「最強パンチ」なんていう超高等テクニックもあるので挑戦してみてもいいかも知れません。

男性が怒っていればいるほど、滑稽に見えるのでとても使い勝手の良い秘奥義です。

まとめ

「最強パンチ」と「奥義」の使い方、マスターできたでしょうか?

両技とも、男性だけでなく女性も一緒になってやると最高に笑えるので、きっと生理前でイライラしていた女性も穏やかな表情になるはずです。

ならない?

ですからそれは精進が足りないだけなのです。

この2つのワザは最高に完成された、幾度となく喧嘩を終わらせてきた実績もあるワザです。

効かないよ! という方は使い方を間違えているのです。

もう一度練習して下さい。

この2つの技が、世界中の男女を平和にする最終手段だと僕は確信しています。

皆さまの喧嘩がこの技によって消え失せますよう願っております。