生理前・生理中の女性には飲み会でもお酒はすすめない方が良い理由

生理中の飲み会は大丈夫?

一年の中でも忘年会や新年会で特にお酒の席が増えるのが冬です。

冬に限らず一年中何らかの飲み会というのはありますよね。

そんな時に覚えておいて欲しいのが、あまり飲めないと言っている女性に無理に飲ませるようなことはしないこと。

当たり前ではありますが、女性としてはただお酒が苦手で断っている場合もありますし、実は生理前・生理中であるが為に本当はもっと飲みたいのをグッと堪えている場合もあるからです。

今回は男性にこそ知っておいてほしい、生理とアルコールのお話。

男性が「もっとのめのめぇ」って言ってるの、よく見るもんね

今ではそれだけでも十分嫌われる要因になるからなぁ。男こそ知っておいて損はないかもね

生理前にお酒に気を付けた方が良い理由

まずは生理前。

PMS(月経前症候群)によってイライラしやすくなっていたり、不調が多く起こり始めるこの時期は、飲みすぎると良いことありません。

PMS(月経前症候群)はいつからいつまでなのか? 男性はどう対応したらよいのか? 

アルコールへの耐性は個人差がありますが、実は男性よりは女性の方が基本的にはアルコールを分解しにくい傾向にあります

つまり、男性以上にアルコールには気を付けないといけないということです。

そんな女性ですから、不調が多く起こり、精神的にもイライラしやすい生理前に飲みすぎるのは危険です。

様々な不調をさらに誘発してしまう可能性もありますし、PMSのイライラもお酒の酔いで更に攻撃力を増し、周囲の人々を傷つけてしまうことにもなりかねません。

また、生理前でイライラするからお酒でも飲んでストレス発散しちゃおう、みたいな飲み方も逆にイライラする可能性もあり、アルコールに依存しちゃう畏れもあるのでおすすめできません。

お酒で発散!ってしようとするといいことないんだよね。
私の友達にも逆にお酒入って怖くなって、関係ない客にまで絡みまくってた子いたもん

うわぁそれすごくめんどくさいね

生理中にお酒に気を付けた方が良い理由は?

では生理中はどうなのか?

生理中の方がもっと気を付けるべきと言えます。

生理というものがどういう現象かを理解していればわかるとは思うのですが、子宮内膜を経血と一緒に排出するわけで、アルコールによって身体が火照ってしまったり、血行がよくなりすぎる可能性があります。

男でもわかる生理の仕組み。男だからこそ知っておいて欲しい生理のこと。ツライのは僕たちではなく彼女達なのではないか。

すると経血量も増えてしまい、一番女性が恐れるであろう「血が漏れる」ことになってしまったり、貧血になりやすくなってしまいます。

女性にとっては、生理中に最も犯したくない失敗であろう経血漏れ。 しかしこればかりはどうしようもないのです。 起きてしま...

また、生理中は生理の為に身体が血液や水分などを使う為、普段よりも肝臓のアルコール分解機能が低下してしまいます。

先述の通り女性は男性に比べアルコールへの耐性がない傾向にあるのに加え、生理中は生理に力を使う為に更にアルコールに弱くなってしまっているのです。

生理前と同様、生理にまつわる諸症状を更に悪化させる恐れもあります。

生理痛が酷くなってしまったり、血管が拡張する為に片頭痛が酷くなってしまったり、めまい、吐き気、浮腫み、下痢など、少し考えるだけでも多くの不調を悪化させる可能性が思いつきます。

そして大事な事を書きますが、女性は基本的には生理中はお酒を控えめにするよう心掛けているはずです。

もしかして生理かも? という空気読む力をつけましょう

女性は自身の身体のことはよくわかっていますし、生理についても僕ら男性より遥かによくわかっています。

生理前や生理中にお酒を飲むとどういう不調が起こるかも、ある程度はわかっている女性が多いのではないかと思います。

そこで男性ができることと言うのは、

今日はあまり飲めないという女性がいたら、生理かも、とまで考えてあげたうえで無理にすすめないこと

だけです。

もちろん、「もしかして生理?」なんて聞くのは最低なのであくまでも自分の中で思うだけで良いのです。

え、なんで? と思う男性はこちらをどうぞ↓

とても親密な間柄ならまだしも、そこまで仲良くもない女性に対し絶対に言ってはいけない言葉。 「もしかして生理?」 当ブロ...

場の雰囲気が損なわれるからとか、お酒をすすめる男性側にも色々と意見はあるでしょうが、女性の場合は

ちょっと飲みすぎちゃったな、ぐらいじゃ済まない不調が起こる

可能性があるのです。そこをしっかりと理解しましょう。

さらにイケメンを目指すなら、今日はお酒は控えめにします、と言っていた女性には気を配り、水を頼んであげるなどの気配りまで出来れば最高でしょう。

でっかい飲み会とかだと雰囲気壊したくないしちょっと無理して飲んじゃうケースあるからねぇ

そうだね。でも女の人は男とは違ってもっとマズイことになりかねないんだから無理しないで欲しいなぁ

だからそれを理解してくれてる男は少ないかもって話よ

たしかに

まとめ

僕も職場で飲む機会は多々ある為、男性が少し強引にお酒をすすめちゃう理由も、女性がそれを完全に断るのは難しいこともある程度はわかっているつもりです。

だからこそ、男性側が知っておいてあげればもっと楽しく飲めるのになぁ、とも思うわけです。

また、女性自身も自分が飲める量をある程度把握しておかないと、飲みすぎちゃいがちです。

これが難しいんですけどね。

飲み会シーズンで女性と飲む機会も増えるかと思いますので、もしこの記事を読んでくださった男性がいれば、ぜひともあなたから、生理まで踏み込んだ飲まない女性への理解、始めてみてください。

もう一度だけ言っておきますが、生理かも、と思っても言う必要はありませんので、気を付けて。

ついうっかりが命取り。 生理中で苦しむ女性、または生理前でイライラしている女性は、とかく些細な男性の言葉でブチギレやすいもの...